【池川明チャンネル】

出産 について

【出産についてのQ&A動画】

 

【第1号】《妊娠中の”不安・ストレス”は良くない。解消の方法はコレだ!》

 

【第2号】《生まれたいかどうか”胎児”に聞いてみた2つの実例》

 

【第3号】《出生前診断で”ダウン症”と診断された。産むべきかどうか迷っている》

 

【第6号】《”中絶”は罪か?》

 

【第8号】《帝王切開は良いか悪いか?》

 

【第11号】《切迫流産にどう対応すればよいか?》

 

【第12号】《シングルマザーで仕事に追われて、お腹の子供に意識が向かない》

 

【第22号】《出産の時、”お母さんが透明になる”ってどういうことですか?》

 

【第25号】《過去に流産した子の魂が、再び生まれてくることがあるのでしょうか?》

 

【第37号】《親が強く望んだ性別男女と違って生まれて来た場合、子供の人生に影響する事がありますか?》

 

【第54号】《母性本能って何?母性本能の意味・役割は?》

 

【第56号】《妊娠・出産は人生にとってのビッグチャンス!》

 

【第57号】《出産は命を繋ぐこと!形式にこだわる必要はない・・・》

 

【第60号】《計画出産は良くないですか?》

 

【第61号】《無痛分娩は良くないですか?》

 

【第62号】《陣痛促進剤など・・・、自分の望む方法と病院の方針が違う場合はどうしたらよいか?》

 

【第63号】《子供が脳性麻痺に・・・、何故、私の子供が・・・、医師のミスではないのか・・・

 

【第69号】《最近は羊水がきれいでないと言いますが本当ですか?妊婦が気を付けられることは?》

 

【第74号】《女性は子供を2人産むべき発言をどう考える?》

 

【第76号】《池川明先生の著書紹介『笑うお産』》

 

【第77号】《良いお産ってどんなお産?》

 

【第78号】《日本のお産と海外のお産はどう違う?》

 

【第106号】《腸と出産について、実は笑顔がとっても大切!》

 

【第110号】《産科医は、産後の子供に積極的に関わっていくべきか?》

 

【第124号】《これからお産する方は必見!、胎内記憶を知ってするお産は知らないでするお産と全く違う!》

 

【第139号】《不妊、出産の高齢化、少子化、男女の役割、社会システムを考える》

 

【第141号】《赤ちゃん目線の胎教、子育て》

 

【第142号】《楽しい子育てと大変な子育て、その基礎は妊娠中にあった!》

 

【第143号】《産後1ヶ月間だけでも、お母さんをサポートする公的システムがあれば!》

 

【第153号】《赤ちゃんは誰のもの?、赤ちゃんに意思はある?、赤ちゃんは目的を持って生まれてくる?》

 

【第154号】《生まれてきた意味を知るヒントは、イキイキ・ワクワク+自由度が広がる方向性に行くこと》

 

(第164号)《新しい時代の出産・子育て(将来社会のビジョン、ポスト貨幣経済のイメージ、意識の変革)》

 

(第169号)《代理出産を考える

 

(第177号)《”お産”が良くならないと”教育”は良くならない? ”良いお産”ってどんなお産?

 

(第178号)《”良いお産”の目標は30才での”自立”と”自律”、”親切”の深い意味とは?

 

(第179号)《池川先生が影響を受けたある産婦人科医の言葉『死ぬ赤ちゃんは死ぬ』

 

 

 

 

 

 

 

 

《池川明 先生 プロフィール》

1954年東京都生まれ。池川クリニック院長 医学博士。

 

帝京大学医学部大学院卒、上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、池川クリニックを開院。


1999年より「胎内記憶」に関する研究を始め、国内外の第一人者として知られる。

 

その成果を医療の現場に活かし、母と子の立場に立ったお産と医療を実践。「胎内記憶」「経皮毒」などをテーマにした講演会・セミナーを、年間数十本講義。また、多くのメディアから取材を受けている