【飛谷ユミ子 チャンネル】

第51号 右脳開発は、自己の覚醒、瞑想やヨガの様なものと共通点はありますか?

《内 容》

(質問)
右脳開発っていうのは、所謂こう覚醒するとか、瞑想とかでね、なんか自分の使命を知るみたいな、そういう・・・、ヨガとか、あるじゃないですか、そういうの・・・、そういうのとはまた違うんですか・・・

(飛谷先生)
いや、共通してますよねえ、その~、深い深層意識をこう、紐解いていった時に、そういうものとも共通するし、今はその子供というところで、まあ言ってみれば脳力開発ですよねえ・・・、右脳の感性教育を広く使える様にしようというのが中心になってますけど・・・、

で、なんでそういう事を申し上げるかっていうと、子供達がドンドンその能力を使える様になってくると、その、調和のとれた、とても・・・、もう・・・顔も良い顔になっていくし・・・、調和のとれた子になっていく訳ですよねえ・・・、

そういうことを考えると、ヨガの究極のものとか・・・、それと円周率・・・、今は、ギネスブックもう塗り替えられていますけれども・・・、友寄さんてソニーの方がね、円周率の何万桁っていうところでギネス載ってた方がいるんですけど・・・、私もお会いしてますけどね、その方は病弱な人だった・・・、で、円周率をドンドン紐解いてって、記憶していったんですね、で、いつしか健康体になったっていう・・・、

そのへんもその右脳のなせる業・・・、っていう健康面にも、その、影響してくるという・・、こともありますしね・・・、もっともっと深い、その、部分をシェアしてる、あの~、脳ですからね、影響すると思いますね・・・、

で、やっぱりねえ、右脳はそうは言っても理論とか、理屈の世界と違って・・・、まったく真逆のところですから・・・、フワフワフワフワした子になってくる・・・、そっちが優位になっちゃうとね、だからその、グランディングというか、手続きをして、しっかり地に足をつけて、両方の脳が統合される様な生き方でないと・・・、

また、右脳だけだとおかしな世界になっちゃうと思う・・・、バランスが大事だと思いますよねえ・・・、ただ机の上で、お部屋で、右脳のトレーニングだけじゃあ、ちょっとこれは問題があるかなあ、と思いますよねえ・・・、