【池川明 チャンネル】

第100号 お産をやめて、先生の活動はどの様に変わって行かれますか?

《内 容》

(質問)
この度、クリニックでの出産をやめて、どの様に変わったでしょうか?

(池川先生)
え~っとねえ、実は、リーディングでね、何人かの方に・・・、アガスティアの葉もあったかな?・・・、お産はいつまでやるのかって、お伺いをたてたりしてたんですよね・・・、

そうすっとねえ、何となく・・、聞いた時にね、”もうちょっと続けろ”とか、3年前に聞いた時は、”あと3年は続けなさい”なんてね・・・、う~ん、で、その後は、え~、自然に流れとして終わる時が来るでしょう・・・、みたいな、

そうしたら3年後にパタッと終わっちゃった・・・、みたいな・・・、そういう感じで、あっなんか、リーディング通りだ、みたいな・・、のがあってですねえ・・、

(質問)
なんか活動の幅が広がったりしたんですか?

(池川先生)
う~ん、やっぱ海外にこう目が向いてきて、海外に行こうかな~と思う時と、その終わる時が合って来ちゃった様な感じなんで、

仕事の内容をこう、まあ、お産で学べることから、胎内記憶を伝えることにシフトしてるのかなあ・・、と自分なりの解釈なんですけどねえ・・・、

う~ん、ただ、勿論ベースとしては外来をやるので、産婦人科と内科というね、二本立てで外来をやってますから、

まあお産は扱わないけど産婦さんは、まあ前ほどは多くはないですけどね、これからも関わっていくし、

場合によってはその、うちでお産をやる人だけの為に、あの~、母親学級ってのをやってたんですけど・・・、

まあお産やめちゃいましたけどね・・・、これからお産する人の為にまた、クリニックの中でそういう講座を・・・、まあ希望があればね、要望があればやっていっても良いかな~、って思うんですけどねえ・・・、

まあちょっと方向性が変わってくっていうことじゃないかと思いますねえ・・、

(質問)
内科の方も診ていらっしゃるんですか?

(池川先生)
内科はずっと前からねえ、やってて、その、ナンチャッテ内科なんですけどねえ、私の父がねえ、内科・外科・産婦人科と標榜してたんですよ・・・、

う~ん、で、だから何の違和感もなく内科をのせちゃったんですけど、良かったのかなあ・・・、内科の先生から見たらとんでもないヤツだ、みたいに思うかもしれないけどねえ・・・、まあ取りあえず・・・、

(質問)
じゃあ、こんど風邪ひいたときに、先生診て頂けるんですね?

(池川先生)
あ~、もう是非是非、風邪、ウェルカムですから・・・、