【池川明 チャンネル】

第42号 ”胎内記憶”は、海外でも盛んに研究されているのでしょうか?

《内 容》

・・・海外では胎内の記憶は、殆どやられてないんじゃないですかね・・・、う~ん、もう前世記憶を主に、バージニア大学で調べていて、前世のことについては結構、ドリーン・バーチューとかね、ああいう人達も、まあヒーラーさんで、子供達がしゃべってるのを本にしてたりとかするんですけど、

お腹の中の胎内の記憶というのは、退行催眠の中で、え~、引き出して来たらお腹の中でこう考えてたっていう話はあるんですけど・・・、そういう、退行催眠でない通常の意識下の人から聞いたというのは、まあ、あんまり無い、っていうか、聞いたこと無いですよね・・・、う~ん、調べてないんだと思いますねえ・・・、

だからまあ、研究としては前世記憶が盛んにされているけれども、胎内の記憶はまず普通はやらない、っていうか、あるとも思ってないんだと思うんですね、殆どの人が・・・、うん、だから研究の対象にすらならないっていうこと・・・、だと思いますけど・・・、

(質問)
そうしたら池川先生がこれから、海外で活躍される可能性っていうのは・・・、

(池川先生)
う~ん、そういうのがあるよ、っていうのを伝えて行くような形ですかねえ・・・、で、因みにエストニアに行った時に、60人の方が講演を聞いてくれたんですけど、その中で4人の人がね、胎内記憶、うちの子供にあるとか・・・、いう話をしてくれましたね・・・、

う~ん、だから、で、その後、手を上げなかった人も後になって、うちの子実はこんなことを言ってたとかいう人が二人くらいいたりして・・・、あっ、なんだ、あるじゃない!みたいな・・・、

う~ん、だから、エストニアであるということは・・・、あの、クリスチャンですからね、あの人達は・・、だから、そちらの世界でも北欧とかヨーロッパ系は、もしかすると、あまり抵抗なく引き出せるかも知れませんねえ…、はい・・・