【飛谷ユミ子 チャンネル】

第33号 波動速読は単なる入口。お勉強、健康、芸術やスポーツ・・

《内 容》

・・・それからこれは、右脳のイメージ力もそうですし、まあ、波動速読っていうのはこう、本を弾く訳ですねえ、そうすると、本から発する波動をイメージや光に変えて、情報を、内容を理解するわけですね・・・、

そういう、その基本だけでもすごく素晴らしいんですけれども、あの~、その他に、その深い意識に繋がるということは、波動速読は単に入口に過ぎない・・・、そこからお勉強とか、健康とか、芸術とか、スポーツとか、ありとあらゆるものに影響が出ると・・・、

で、じゃ何か?、頭の質が変わってくるという・・・、ここが素晴らしい事だと思ってるんですね・・・、

子供達の感性、今は・・・、この間、卒業生にも聞いたんですけど・・、(本の)背表紙をす~っと指で擦っただけで内容がわかっちゃったりとか、僕はパラパラしなくて先生がパラパラすると、先生と僕と本は繋がってるから内容が解るっていうね・・・、

これ、白い線で繋がってる、っていうのは、波動っていう意味だろうと・・・、で、ある子供はそのパラパラやっていくと・・・、最初に入り口だけパラパラして、あとは本を置いて手を乗せる、意識を向けるだけで本の内容が全部解るというね・・・、

あの~、ホントにそれはエネルギーというかね、波動・・・、これ(パラパラ)はそのエンジンをふかすだけであって、あの~、もう、ふかして・・・、車に例えたならば、動き出したらもうその作業はもういらない・・・・