【飛谷ユミ子 チャンネル】

第31号 波動速読が出来る為の3大ポイント

《内 容》

じゃ、波動速読を出来る3大ポイント、重要なポイントがある訳ですね・・・、それは何かというと、イメージトレーニング・・・、イメージが見えるということは・・・、この本から出る視覚化、映像となって出てくるものを見る為に、やっぱり大切なことですけれども・・・、子供達はイメージはよく見えますので・・・、大人の方、もしやるとしたらイメージトレーニングですね・・・、

それから、アイトレーニング、眼筋トレーニング、視幅拡大トレーニング、こういうもの・・・・、世間一般では、視幅拡大訓練、眼筋トレーニングってね、言ってるんですけれども・・・、私はね、う~ん、超スピードでやりますので、その、目と、深い脳と近い繫がりがある様に思って・・・、色がでたり、それから光とか、色とか映像がでるのは、そこと繋がってる、というところもあると思うんですね・・・、

ですから、超スピード、速いスピードでやるというのがポイントと思ってます・・・、

それから、イメージが見えるアイトレーニング、それから捲(めく)り方ですねえ・・・、波動速読の本の捲り方、なかなか・・・、これも指先トレーニング・・・、指先トレーニングを、きちっとまあ、繰り返しやること・・・、

こんな事が出来たならば・・、そして”場”が出来ればみなさん出来る・・・、というのが波動速読の原理原則、と思ってます・・・、それが深い脳、右脳とか深い脳に繋がり、回線ができ、回路ができ、能力が開発される・・・、という事になってると思ってます・・・、

・・・アイトレーニングにはこんなに綺麗な色が出てくる訳ですね・・・、じゃ、その色に意味があるかどうか・・・、ってことは、・・・・・・勉強の出来るところは青、緑、え~それから、灰色、紫とか言ってましたけど・・・、これも全く、いろんな意味で、色には意味があるんですね・・・、

で、この他にも星型(☆)もやってるんです・・・、で、これはまだ非公開ですけれども、データは沢山出てますが・・・、最後の最後、受験の最後の時には、その星型で、その角に科目とかね、え~、書いていって、ばーっとやる訳ですねえ・・・、

そうすると、今年もそうなんですが・・・、合格する子はゴールドが出てくる、最終的にはゴールド・・・、だから、やっぱりその、色には意味があるという・・・、理解力と同時に、合格する・・・、自分が完成された時にはゴールドとかね・・・、

またこれは、もうちょっと再度詰めていきたいと思ってるんですが・・・、そういう意味では、色があります・・・、はい・・・