【池川明 チャンネル】

第95号 子供(1歳)が心臓の手術をしてから精神的に不安定になっている様子で、子育てに苦労している

《内 容》

(質問)

・・・もうすぐ1歳になる女の子のお母さん、お子さんが生まれて3ヶ月目くらいで、お子さんの心臓に穴が開いていて、手術されたんですね・・・、

 

で、あの、他のお子さんと比べて・・・、とってもその子が、病気があるせいか、お母さんがその、すぐに気が付いてあげなかったっていう・・・、病気に、分らなかったっていうこともあってか・・・、まあ自責の念みたいなものがあるんでしょうねえ・・・、

 

すごくお子さんが、お母さんの後を追いかけまわして、お母さんがちょっと姿が見えないと、もの凄く泣き叫んで、お母さんがトイレにも行けない様な状態らしいんですね・・・、そういうのって・・・、どういう風に育てていったら良いのかなって・・・、

 

(池川先生)

あ~、そうですねえ、まず一つは、お母さんが、心臓に穴が開いてたことに気が付かなかった?・・・、っていうのが、悪い、という思いを捨てた方が良いですよね・・・、うん、

 

3ヶ月でよく分かったな、と、いう事に思った方が良いんじゃないですか?・・・、

 

実際にあの~、心臓の音って、結構、難しいんですよ・・・、う~ん、中々そう、先生が聞いても分らないこともあるし、で大きさが変わっていくことによって段々と音がはっきりしてくる場合もあるので、最初っから異常が出てる訳ではなかったかも知れないですよね・・・、

 

う~ん、もしかするともっと早く気がついたら・・・、じゃあ早く気がついたらどうなったんですか?っていうと、結局、変わらないんですよ・・・、手術する時期とかも・・・、

 

多分、そんなちっちゃい時に気がついても、手術はしませんから・・・、あの、ものにはよりますけどね・・・、やっぱ、ある程度大きくなってからやる、っていうことだと、早く気がついても遅く気がついても、そんなに変わらないと思うんですよね・・、

 

う~ん、だからそこで、お母さん、ネガティブな感情を持つということが全てに出てしまうので、子供としては、あの~、すべて子供こどもの為に悪いことしたと思ってるお母さんって・・・、子供が不安になりますよね・・・、

 

また次、何かあるんじゃないかって・・・、お母さんが思ってると、子供は何かしなきゃいけないのかな?って思いますよね・・・、

 

それよりも、あの~、こんな病気で軽くて済んだとか、手術が出来る病気で良かったとか、いう風に考えて、あの~、兎に角元気でいう子供を、良かったと思う、うん、私も親で良かったと思うような・・・、

 

肯定的に見ないと、子供ってすごい不安ですよ・・、その結果が、やっぱり、お母さんいないと・・・、お母さんの不安の表れだと思いますけど・・・、はい、

 

だから、そのまま育てて良いかって言われれば・・・、お母さんが不安を抱えてればそういう風に育つだろうし、お母さんが自信を持って、あっこんな病気で良かった、この程度で良かった、って思えるんだったら、あの~、そういう子に育つと思うんですよね・・・、

 

お母さんの気持ち、まさにそれだと思います、う~ん、だからお母さんが自信をもってニコニコしながら、いつも子供のことを見守ってるっていうのがあれば、子供って不安にならないですよね・・・、

 

う~ん、たぶんお母さん、子供がちょっと見えないと、お母さんがちょっと不安になるんだと思うんですよ・・・、

 

う~ん、それが子供に反映してるだけかな、っていう気がします、はい・・・、