【サアラチャンネル】

『進化の鍵を握る 秘められた地球人類の可能性』

 

第4講座1回 ドラコニアンと人間種のハイブリッド第1号 誕生

《内容(ダイジェスト)》

 

(サアラさん)
・・・さて、この頃の人間達は、

・・ともあれ、好奇心が湧いてきた事によって、

・・五感を相当に発達させて・・・、

・・目を通して見ようとするモノに、

・・意識がキチっとフォーカスできる様に・・・、

・・物をしっかりと握ったり、

・・あるいはそれをどこかに移動させて手離したり、

・・っていう身体的な行動も正確に出来る様に、


・・・驚くべきことはですねえ、

・・それまで、ほぼ無感情だった人間に、感情が現れた・・・、


・・・まあ変化というよりも、寧ろ進化と言っても良いくらい・・・、

・・エリート達は、この可能性に集中する様になるんですね、


・・・宇宙中が、後々、敬意を払う様な、

・・霊的に見ても神聖な、

・・そして希望に満ちた開発を、

・・彼らが行って・・・、


・・・この時、彼らは既に、

・・ゲノムというかDNAの仕組みの土台となる様なモノを

・・開発してしまった・・・、


・・・ドラコニアンのエリート達は、

・・多くの試行錯誤の末ですね、

・・遂に、初のハイブリッド種を完成させたんです、


・・・初のハイブリッドは、女性です、

・・彼女の身体的な能力は、

・・非常に高いモノでした、

・・で、瞬間的な計算の速さとか、

・・物事を察知するスピードというのは、

・・目覚ましいものがありました、


・・・これから、彼女の冒険が始まる訳なんですけども、

・・戦闘力の高さを面白く思ったドラコニアン、

・・勿論、彼女には、戦うステージを与えない訳が無いんですね・・・、

 

(ダイジェスト おわり)