【池川明 チャンネル】

第80号 福島の方との結婚を考えていますが、親が、子供が奇形になるリスクを気にしています・・・

《内 容》

・・・う~ん・・・、多分ねえ、あんまり影響無いと思うんですよね・・・、あの~、というのは広島の原爆の後で、広島の人ってみんな出産してるんですよ・・・、う~ん、勿論、原爆症だとかいう様なね、話はあるんだけども・・・、意外と思ってる・・・、皆さんが思ってるほど影響出ないんですよね・・・、

それからあの~、福島で、放牧っていうかね、牛が、勝手に草を食べて生きてた訳ですよね・・・、で、ホントは屠殺しなきゃいけないのを可哀想だと思って、エサをあげてたら、あの~、まあ、殺して、肉を解体して・・、放射能を調べられますよね・・・、そうすっとね、あんまり放射能汚染無いんですよね・・・、

う~ん、身体の重金属なんで出て行ってしまうみたいなんで・・・、あの~、しかも男の人ですよね・・・、う~ん、あの、受精出来るという事は相当、まあ相当の数の精子がいて、その中から選ばれるので、まああの、懸念される様な心配は、多分無いんじゃないかな・・・、っていうのは思いますけど・・・、

勿論その、放射能汚染とか無くっても、奇形っていうのは、ある程度の確率で出てくるんですよ・・・、う~ん、これはだから、なんでもないと奇形は出来ないと思ってたら大間違いで、どの人でも奇形の赤ちゃんを産む可能性はあって、これは動物界はみんなそうなんですね・・・、

ある一定の確率では出てくるんで・・・、それが嫌だっていうことであれば、子供は作れないですよね・・・、う~ん、

だから、まあ、確かにお母さんの心配される懸念は解るけれども、実際上、その、思ってる程の異常は出ないよ、っていうこと・・・、と、

あの~、障害を持ってちゃいけないっていう考えそのものがね、う~ん、なんかちょっと・・・、まあそう思ってる方はスゴく多いんだけども・・・、いや、障害を持ってるお子さんから見たら、それは生きる価値もないとあなた、自分のこと思いますかって言ったら、そんなこと思ってないですよね・・・、う~ん・・・、

あの、乙武さんも、あの、素晴らしい、可愛い子だって言われて育ってて、あの~、障害を持つことは不便ではあるけれども不幸ではない、っていう言い方をしてるのは、多分象徴的で、

どの人も、いろんな異常は持ってるんですよね・・・、それを、そういう異常はあるのは嫌だ、っていう風に思ってるっていうのを否定されたら、あまり嬉しくないでしょ、う~ん・・・、という事だと思いますね・・・、

う~ん、だから差別という言葉じゃなくて、自分との違いがある人を認めない、っていう感じだと思うんですけど・・・、まあそういう気持ちが争いを引き起こしたりするから・・・、

う~ん、まあ、いけないっていう事でみんな思ってしまうんだけども・・・、それはあの、結婚したいというご本人が、自分で決めることではないかな~、っていう風には思いますけどね・・・、