【池川明 チャンネル】

第112号 医大で教えられた内容に疑問を感じたことはありますか?

《内 容》

あはは、一番よく覚えてるのは、ガンを告知しちゃいけないって習ったんですよ、うん、大学の5年の時に、教えてくれる教授が、内科の教授で、

自分の恩師が胃がんの専門家だった、まあその先生も胃がんの研究家なんですけど、で、まあその、恩師が胃がんになってしまった、

で、絶対に告知してはいけない、と信じられていたので、写真からカルテから全部名前を他の人に書き換えて、やっていたのに、やっぱり専門家ですからねえ、自分の病状はどうもおかしい、と・・・、

で、頼むからホントの事を言ってくれって言って、つい教えたら、ホント気が狂った様にして亡くなっていった、っていう経験を話をしてくれて・・・、学生時代にですねえ、

だからガンの告知は絶対にしちゃいかん、って教わってたんですよ、

ところが私が、あの、医者になりたての頃に、子宮ガンの末期の方が担当になったんですね、だから告知しちゃいけないと思ってるけど、実はその方は、まあ、旦那さんから、お前はガンだって言われてたんですよ、

だから前の主治医の先生も、この夫は酷い人だ、って書いてあったんですけど、

私が担当の時に亡くなられたんです、イメージの中では、気がくるって無くなる筈なのに、す~っごく穏やかに亡くなっていったんですよ・・・、

で、先生、最後にありがとう!みたいな事言って、穏やかに息を引き取ったのを見て、あれ?これ教えられたのと違うな、って思った、まあ強烈に覚えてる一番最初のエピソードがそれですね・・・、はい、

で、それ以降、いっぱりありますけど、色々と・・・、えっ違うじゃないか、っていうのはイッパイあるんですけど・・・、

うん、だからまあ・・・、しかもあの~、例えば、各大学で教え方が違うので、一つのものに対してどうやって治療しますか?って、前あの、産婦人科のメーリングリストで、あの、問われた事があって・・・、

もう全然、北から南までやってること違うんですよ、でも治るんです患者さんが・・・、じゃあ違ってても治るんだったら、医者が治してるんじゃないよね、みたいな、なんか思ったりする分もありますけどね・・・、はい、