【池川明 チャンネル】

第117号 サアラさんの勉強会に参加して(その2);今の三歳以下の子供達は、学校に行かなくなる?

《内 容》

(質問)
今のままだと子供はもう学校に行かなくなる、って仰って・・・、もう当然の様に仰ったんですけど、僕らそれ、ホントにそうなのかな~、って思ったりするんですけど、池川先生はお子さんとか観てる実感として、なんでそう思われるんですか?

(池川先生)
あっ、えっとねえ、子供達って自己の主張をし始めてるんですよ、でイヤなものやイヤだって結構はっきり言う子達が増えてて、

で、親たちはそれを抑えつけてたんですよ、今まで・・・、

で、いまの多分4歳以上の子達は、親がダメだっていうことは・・・、抑えつけられるくらいの子達だったらしいんですけど、

いま3歳以下の子達は、もうハッキリ主張する子が多いんですって・・・、ただこれは、右脳教育をやってる先生がそう仰ってたんで、全国で見たらまだまだね、抑えつけられちゃう子も一杯いると思うんですけど、

もうあの~、ハッキリとNOという子達がいて、自立してるらしいんですよ・・・、

で、この子達が学校に行く年齢になってきた時に、うちの子達はみんな学校行かないわよ、って言ってるって言うんですよねえ、

だから学校は、あとだから3年か4年?、ぐらいした時に崩壊するから、って言ってましたけど・・・(笑)、

う~ん、そういう時代がもうそこまで来ているらしいんですよ、でそういう危機感は大人には無いんですよね・・・、

(質問)
解らないですよねえ・・・、多分それ・・・、

(池川先生)
多分、でもある時突然、子供達が学校に行かないっていう年が急に来るのかもしれないですね、う~ん・・・、

だけど、もう既に学校に行かない子達はイッパイいるし、あの~、あとは・・・、学校のまあ登校率っていうのを上げる為に、兎に角ちょっとでも顔を出せば登校にしてるんですよ・・・、

あの~、だから保健室登校とかね、う~ん、ほんの一時間だけ出たとか、いう子達は不登校になってないんですよ・・・、

で、そういう子達がイッパイ増えたら、学校そのものがね・・・、例えば40人クラスで20人しか来てない?・・・、インフルエンザの時と一緒ですよねえ、これ学級閉鎖じゃないの?とか思うんですけど・・・、

そういうのが、もしかするとホントに、あの~、一斉にじゃなくても、ポツポツ出てくるんじゃないかと思うんですね、う~ん、しかも都会から来る様な気がするんですよね・・・、

うん、その時に、初めて大人達っていうかね、文部科学省は考えるんじゃないかな、と思うんですけど・・・、

そうなる前に・・・、あの国が変わるのを待ってるとスゴい時間かかるんですよ、20年以上かかるんですよ、一つの制度が変わるのに・・・、

ところが、お母さん・お父さんの考えが変わったら、別に直ぐに変わることが出来る訳ですよね・・・、だから、ねえ、学校の公教育に頼るんではなくて、ご両親たちが、自分達の子供が正しいという目で見て、

うん、それで子供達の選択に・・・、相談しながら・・・、親には親の希望があるし、子供には子供の希望があるって忘れてるんですよ・・・、

親の希望を押し付けてた・・・、でもそうじゃ無いんだと、子供には子供のこうしたい!っていう気持ちがある、じゃそれをお互いに擦り合わせて、どういう方法があるのか?っていう考え方をするのが、これからまあ家庭でやって欲しいことかな~、って思うんですよね・・・、

まあ、子供が言うことを全て受け入れるっていうのは、それはまた出来ない話で、でも親が言うことを全て押し付けるってのも、ちょっと違うんだろうなと・・・、

本来、子供を一人前の大人というかね、魂のある存在だという目線で、心と心の交流みたいな・・・、

違いがあっても良いけど、でもなんか、求めるものは一緒でしょ、って言う様なものをベースにやっていく家庭教育?っていうのが、これからはやらなきゃいけないんじゃないかな?・・・、なんて思っているんですね・・・、