【池川明 チャンネル】

第48号 科学と宗教、スピリチュアルの関係は?

《内 容》

科学と宗教って一緒ですよね、う~ん・・・、科学教だから・・・、

う~ん、あの~、皆さんがイメージする宗教っていうのは、どういうものかな~って・・・、ああ、ここでいう宗教っていうのは、教祖様がいてね、ちゃんと信者がいてっていう様な宗教だとすると、それは医学も、まあ、医学教っていう宗教と同じだろうな~っていう・・・、

まあ、具体的に言えば、医学で言えば、教授がいて、助教授がいて、こうピラミッドになってますよねえ・・・、で~、信者も、患者という名前でいる訳ですよ、で、在家の患者もいれば、中で修行する修行僧みたいな患者もいて、それは入院患者っていうんですけど・・・、ちゃんとお布施も払ってて、入院費っていうお布施を払ってて、みんなが養われて・・・、これ、宗教の構造と一緒じゃん、っていうことですよね・・・、

で、それとは別に、宗教心っていうのは在りますよね・・・、自分っていうものがあって、そうでない自分の叡智が届かない何かがある、っていうこの宗教心・・・、これはその宗教とは多分ね、似てる様で違うんですよね・・・、

宗教っていうのは現実目の前に見えている形、なんですけど・・・、宗教心って目に見えないんですよ、心の中にあるもんだから・・・、

だからその宗教心は大事だと思う・・・、これがそのスピリチュアリティにすごく似てるなあと、う~ん、あの~、スピリチュアリティっていうのは目に見えないんです、感じることは出来るかも知んないけど・・・、それと宗教心っていうのは結構、近いっていう気はしますけど・・・、

あの~、宗教を攻める科学者は、結局、科学教という教義の中に入ってて、例えば、偉い教授、ノーベル賞をとった学者がこうだ、って言うと、みんな”ハハ―”ってやる訳でしょ、

同じですよね、ヒエラルキー構造といえば・・・、う~ん、だから、別にこれ、医者が”宗教みたいだ”とか言って攻めるのは、宗教戦争なので、私から見ると、なんか、同じでしょ、って思いますよね・・・、はい、

(質問者)
西洋医学なんかは、お薬で治るとか・・・

(池川先生)
そうそう、それも教義ですよね、う~ん、西洋医学教の教義は、あの~、邪教を信じないとかね、迷信を信じるな、っていう教義がある訳ですよ・・・、

う~ん、だから、スピリチュアリティを全て否定して成り立つ、あの~、まあ、宗教なんですね・・・、う~ん、

それから、逆に医学を全部否定する、あの、まあ宗教とは言わないかも知れないけど、そういう集団もありますよね、う~ん、それもやっぱりドグマがあって、こっから外れると不幸になるぞ、みたいな、う~ん、どちらも、宗教と一緒ですよね、構造はね、う~ん・・・、

ただ宗教と言わないだけで、まあ宗教は免税だけど、医療はお金が、税金を払うから・・、法律上は違うんだけど、やってる事は一緒でしょ、って・・・、

う~ん、みんな夫々正しいと思ってるんですよ・・・、う~ん、で相手を攻めるんですよ、一緒ですよね・・・、なんで相手も正しいと思わないんだろう、ってね・・・、うん、自分は正しいかも知れなけけれども、それが唯一全てだと思ってるから、宗教でしょ、それ・・・、

う~ん、と、なんか、思うんですけどね・・・、またボコボコに批判が来そうですけど(笑)