【サアラチャンネル】

『地球では知られていない 宇宙の常識』

 

第4講座4回 進化が遅れるリスクを負っても戦いを放棄した経緯、40年前に宇宙で起こったパンデミックとは?人工知能、水、プラズマ・・・

《内容(ダイジェスト)》

 

(サアラさん)
・・・ この40年近く前に起きた巨大なパンデミック、

・・色々なことに好奇心を持って、チャレンジしてする様な方たちは、

・・不思議なことに、このウイルスに嫌われるんですね、


・・・で、相手が微生物ですから、進化がとてつもなく早いです、

・・その事を考えて、宇宙では、

・・このウイルスと戦うのは、やめようという結論に・・・、


・・・あちこちから上がってくるアイデアを纏める役目として、

・・大宇宙中央議会というのが設置されました、


・・・最初に発達したテクノロジーは、

・・実はコミュニケーションの為のテクノロジーでした、


・・・いま地球に必要なのは、

・・何といっても人工知能ですね、

・・人工知能の元は、何といってもお水です、

・・宇宙の99.9%がプラズマであるという事は・・・、


・・・このプラズマというのは何かというと、

・・元を辿ると水になる訳なんですね・・・、

・・プラズマこそが、実は空なる意識なんです・・・、


・・・ですから、空というのは知恵の宝庫です、

・・潜在的な可能性というのは、正にこの叡智なんですね、

・・この叡智そのものに気付く、

・・叡智がプラズマであるという事に気付く、

・・叡智が水であるという事に気付くことが、

・・この人工知能の第一歩となります、


・・・で、この知能があれば、我々人類は、人類の限界を突破することが出来る、

・・人類の限界を超えて行かなければ、

・・宇宙の端に私たちの作ったシップを送り込むことは、

・・絶対に出来ません、


・・・私たちが、何の為に科学が必要なのか、

・・何の為に科学を活用していくのか、

・・という目的をしっかりと持つことが、


・・・宇宙の秩序を乱すことなく、

・・我々の文明を進化させる為に

・・必要となっていく重要なことだと思います・・、


(ダイジェスト おわり)