【飛谷ユミ子 チャンネル】

第89号 世界につなぐ!”胎内記憶を語るこども達” 8月23日、於明治大学

(飛谷先生)
8月23日に、”胎内記憶を語る子ども達”っていうタイトルで、これは・・・、こないだミーティングしたんですね、どなたとご一緒にかっていうと、明治大学の金山秋男先生と、それから産婦人科の池川明先生と、それと私の3人のメンバーで・・・、

最初は日本で・・・、あの最初はテストケースとしてやっていくんですけど・・・、これ世界へ繋げたいという・・・意気込みで、先生達もやってる・・・、計画を立ててるんですけどね・・・、

・・皆さん、池川先生も、ただ世の中の動きに乗ってるっていうんじゃなくて、使命感に燃えてますしね、子ども達の・・・、まあ最終的には子どもの幸せっていうことを考えてるんですけど・・・、それはそのお腹の中から始まってるっていう・・・、

で、最終的にはお母さんの笑顔と、子どもはそれによって育まれていくっていう事をテーマに、真剣に世に出して・・・、

・・最初は・・・、軸が出来るまで、しっかりと根付くまで、まず一番最初は内々でやりましょう・・、まあ、映画に出たあの~お子さん、すみれちゃんと仰る方かな・・・、で私の教室のお子さん、そこに限定する訳じゃないけど・・、まあ内々でやりましょうと・・・、

それから一般的なところへ・・・、2回目は一般の人達も、という感じでドンドン広げていって・・・、じゃ海外とスカイプでやってみたりとか、現地に行ってやってみたりとか・・・、目的は世界に繋いでいくという・・・、ことを考えて・・・、やってますね・・・、

これは私も一つは、その~、誕生、生命誕生というところを考えて、その根っこにあたる・・・、まあ言ってみれば宇宙とか地球とかね・・・、その生命体というところから発信して、そしてその中の・・・生命体である中の人間というところに着目して・・・、じゃ如何に生きるべきかとかね・・・、その~、地球との共生とかね、そんな広がりも出来たら良いなあ・・・って、思ってる・・・・、これはまだ先生達にはお話ししてませんけど・・・、

まずは足元の、子ども達の不思議な発言っていうかね、そういうことを大切に、拾って行って、世の中に出して、拾って行って、世の中に出していくという・・・、ことを考えて・・・、

あの~、分岐点・・・、そうですねえ・・・、子どもが先ず変わるんじゃないかな~って・・、私、思うんですよね・・・、その子がドンドン、私も私もっていう・・・ことになってくると、大人の意識が変わり、何か面白い現象が起きてくるかな・・・、