【池川明 チャンネル】

第164号 新しい時代の出産・子育て(将来社会のビジョン、ポスト貨幣経済のイメージ、意識の変革)

《内 容》

一番大事なところは、産んでその子がどうなるの?ってコレですよね、

産めば良い訳じゃなくて、産んでそのお子さんが大きくなった時にどうなるかっていうことを見据えた上で、

遡ってどういう出産が良いか、もっと遡ってどういう妊娠が良いのか、結婚が良いのかっていうところに行くと思うんですよね、

そうすると一番大事なのは、将来どういう社会にするかっていうビジョンですよね、これが一番大事じゃないでしょうかねえ、うん、

その上で、じゃあどういう出産、育児をしていくのかっていうのは付属的に出てくるもので、

基本的には胎内記憶から考えれば、子供たちは必要なものは全部持ってきますから、それを邪魔しないっていうものが一番良いと思うんですよね、

であと、問題はお金ですよね、お金っていうのは実はホントは要らないのかな?みたいな、

お金っていうのは、例えば食べ物をお金で交換するとか、昔の物々交換で言えば、物と物のやり取りだったものを取り敢えず自分の労働に対してどれだけの評価っていうのを、

お金っていうものを目安でつけて、

このモノはこれだけの値段だっていうその目安にお金を使っている訳ですけども、

そういうのを取っ払ってしまえば、自分の労働の対価として色んなものがタダで手に入る、だから労働の対価として手に入るっていうものが、

それぞれの人がやればお金は要らない訳ですよね、そういうような社会にしていく事も可能かなと、

その為には貨幣経済でない新しい生き方っていうものを考えなければいけないので、それは社会全体で考える社会変革をしなければいけないっていう事ですけれども、急にそれは無理ですよね、

だから少なくとも、みなさんがそれぞれ豊かだと思う・・・、

お金が有る無しの生き方ではなくて、豊かに生きれるかどうかってのを、物差しをね、作り替えていくっていうのが必要かなとは思うんですよね、

だから意識の変革?、それから将来のビジョン、その上でどういう妊娠・出産・育児をするかっていう、その後にそういうものがついてくるんだと思いますね、はい、

(質問)
ひょっとしたら子供は、そういう感覚はもう実は知ってるかもしれませんよね、

(池川先生)
そうなんです、子供は分かってるんだけども、大人が分かってないんですよね、だから、如何に早く大人が子供の知識に追いつくかっていうところが今、問われていて、

まあその為にFOTTO.TVってのもあるのかな、っていう気もするんですけどもね、はい、

これを観て頂くと意識が相当変わるんだろうなと、思いますけども、はい、