【池川明 チャンネル】

第16号 この世に生まれてくる子供は、どんな意図・目的を持っているのでしょうか?

《内 容》

子供達に聞くと、やっぱり、一番多いのが、”人の役に立つ”・・・、っていうのがね、多くの子が言いますよね・・・、それから、まあ、”お母さんに笑ってもらう為に来た”とか、”自分が来てお母さんを幸せにするんだ”とか、う~ん、それから、”人生を単に楽しむために来た”っていう子もいますね・・・、あの~、楽しそうなお家だから・・・、楽しみに来たんだっていう子もいるし・・・、

 

苦しみに来た子っていうのは、あまり言わないですね~、う~ん、でも実際、人生苦しい人、いますよね・・・、

 

そうすると、こういう子供達の目的とか、自分が人生苦しいって掛け合わせると、その苦しい事が人の役に立つんだろうな~、ってこう見えてくるんですよね・・・、

 

うん、それは私の解釈なんですけど・・・、で、実際に苦しい人生を乗り越えた方は、同じ苦しい事をしてる方を救う事ができる・・、という風に考えていて、うん、やっぱりあの、幸せな人に苦しい人を救うっていうのは、結構、難しいと思うんですよね・・・、

 

子宝にいっぱい恵まれた方がね、不妊症の方に、子供なんて育てるのが大変だから、子供いなくていいよって、こう、自分は慰めのつもりで言ったとしても、言われた方は嫌ですよね・・・、

 

だけどまあ、不妊症の方が乗り越えて子供が出来たとか、授からない場合もあるでしょうけど・・・、私も同じ様につらかったっていう、その辛い気持ちをね、共感できる境遇を経験した人は、同じ境遇にある人を多分、救うことが出来る、と思うんですよね・・・、

 

それが何となく、人の役にたつっていう事かな~、って思うんですよね・・・、ま、一つはね・・・、

 

あっ、それから最近は、子供達の目的が変わってきたんです・・・、”地球を救いに来た”って言いますから・・、なんかね、ちょっと、以前と、言う事が変わってきてるんですよ・・・、

 

で、結構多くの子が、”地球を救いに来た”って言うんですよね・・・、

 

で、ある子が教えてくれたのは、「昔は、お母さんを助けに来たとか言ってたけど、最近は、地球を救いにくるっていう子が多いんだけど、どうして?」って聞いたら、二つは同じ事だよって言ってましたね・・・、

 

で、お母さんが救われると、お母さんが地域を救って、地域が救われると世界が救われるでしょ、って言ってましたね・・・、

 

それから、世界を救うっていう事は、結局、地域の人達を救う事で、それは、夫々のお家のみんなを助ける事だし、お母さんを助ける事だから、どちらも同じ意味だよ・・・、という風には言ってましたね・・・、

 

方向がどうも違うのかも知れませんね・・・、う~ん、でも、結局、目指しているのは、皆、一人ひとりの幸せ感っていうかね、そういうものなのかな~って思いますけどね・・・、

 

・・・結構ねえ、地球を救いに来たってみんな言うんですよ・・・、そしたらね、こないだ、オーストラリアに行ったじゃないですか、シドニーでね・・・、あのー、30年前に日本を脱出した人たちが、似たような事を言ってるんですよ・・・、

 

だからもう既に、30年以上前に、日本に生まれてた方達がどうもいるみたいで、生きずらかったらしいんです・・・、日本では・・・、それで、オーストラリアに行ったら移民国家だし、何しても自由だから、生き易かったみたいな方達が、もう海外に散ってるみたいなんですね・・・、

 

で、やっとその日本が、海外の人達の30年ぐらい前の意識に、やっと今、追いついてきた感じ・・・、ですか・・・、

 

で、ここに来て子供達が突然、言い始めたので、30年前だとドンドン潰されてたと思うんですけど、やっと今の時代だと、そういう事を言っても、受け入れてくれるお母さんが増えてきたんで、ちょっと安心して言えるようになったのかな~、っていう気がしますね・・・、

 

そうですね・・・、地球が本当にね・・・、無くなるかも知れないっていう瀬戸際みたなんですよね、今ね・・・、多くの方がそう言いますよね・・・、

 

で~、かなりの確率でダメになる可能性が高いけど・・・、みなさんの意識が変わる事によって、それが大丈夫かも知れないっていう瀬戸際らしいんですよね・・・、

 

そうすると、如何に早く人の気持ちが変わるかがスゴく大事で、なにかユートピアってパラダイスみたいなものが現実社会に出現するような、お花畑がず~っと一面に広がる様な・・・、っていうイメージを持っている方が多分、多いと思うんだけど・・・、もう既にこの世がパラダイスなんですよね・・・、

 

で、それに早く気が付けっていう事かな~、っていう気がするんですけどね~・・・、

 

あっ、嫌なことも含めてね・・・、嫌なことも、あったらパラダイスじゃないと思ってると思うんですけど・・・、嫌なことってまず、生まれてこないと経験出来ないんですよね・・・、うん・・、生まれたくても生まれられない子がいっぱいいるんですよ、魂でも・・・、

 

それから、子供でもね、10人に1人から2人は流産していくし・・、100人に3人死産すると考えれば・・・、この世に生を受けて大きくなるって、結構、大変なことで、で、それで経験出来ることって、経験出来ない子から見たら、何でも嬉しい、と思うんですね、経験でね・・・、

 

で、嬉しいけど辛い、っていうのが嫌だっていう人が多いんだと思うんですね・・・、でも、経験出来ない人から見たら、どれだけ贅沢な事かっていう事じゃないかな~、って思うんですね・・・、

 

スゴイ確率で生まれてきたっていう事ですよね・・・、みんな経験したいんですよね・・・、だけど、経験出来ない人が、っていうか魂っていうか、イッパイいる中で、超ラッキーっていう感じですよね・・・、

 

だけどまあ、実際、生まれてみたら嫌なこともイッパイあるし、大変なこともあるけど・・・、恐らくそれ以上に良いことがイッパイある筈なんですよね・・・、だから、どっちも大事なんじゃないですかね・・・、嫌な経験も、良い経験も、どちらも、あの~、実はそれがパラダイスじゃないかな~、みたいなねえ・・・ような気はします・・・