【サアラチャンネル】

『進化の鍵を握る 秘められた地球人類の可能性』

 

第3講座4回 レムリア・アトランティス・シュメール・超古代エジプト文明は、誰がどうやって創ったのか? 宇宙は夏の時代へ

《内容(ダイジェスト)》

 

(サアラさん)
・・・皆さんはこう、未来からやってくる地球外生命、

・・みたいなイメージを持ったことが無いですかね、


・・・その力を急速に促進させてしまう様な、

・・外的な刺激を与える訪問者があった、


・・・レムリアと言われている時代だったり、

・・アトランティス、シュメールって言われる時代だったり、

・・勿論、超古代エジプトの時代とか、


・・・巨大な遺跡群は、

・・巨大な人たちが作った訳なんですね、単純にね、

・・当時の人たちは7~8メーター、


・・・反重力という、まあ地球ではまだ無いとされているテクノロジー、

・・彼らは、今の私たちから見ると、

・・まだまだ、高次の意識が残っていた、

・・というよりは、

・・高次の意識と、ずっとこう繋がりがあった状態、


・・・ですから、あらゆる知識を持っているという高次元の意識に、

・・常にアクセスする事が出来た、


・・・で、例えば、ブッダ、

・・彼は、全てを思い出したんですね、

・・で、言うなれば、彼らも同じです、


・・・このドラコニアンにしろ、あるいは四つ足族にしろ、

・・当時のエリート達というのは、

・・いわば覚者です、

・・ですから、あらゆる事が出来てしまうんですよ、


・・・で、この辺りから、物理的な意味でのテクノロジーが、

・・暫くの間は、圧倒的なスピードで開発されていく時代になります、

・・え~、宇宙はまさに、春の時代から夏の時代に、移行していく時なんですね・・・、

 

(ダイジェスト おわり)