【池川明 チャンネル】

第163号 日本胎内記憶教育協会のビジョンについて

《内 容》

胎内記憶を伝えるのに、ある程度日本では普及してきたかなっていう感じはあるんですけれども、

まだまだ知らない人も沢山いらっしゃるし、それから世界に広げたいんですよね、

その為には体一つではとても足りなくて、同じような事をやって下さる方が沢山いれば有難いなっていう意味で、

私の代わりに、胎内記憶を広めるという意識がある人にお伝えしたいなっていう事で、それを講座という形で提供してドンドン活用して頂きたい、

私達から資料も全部提供したうえでそれを使って広めてほしいという事で、日本胎内記憶教育協会っていうのを立ち上げて、講師を養成するっていう事がメインなんですね、

で、早速1月から第一回の講師養成講座が始まって、1年かけて大体の基礎講座をやった後で、今度は来年度から本格的に講師を、実際に講師になる方もね、教えていきながら、

実際に私達の講座に講師としてやって頂ける方を今年から養成を始めたい、ということなんですね、

まあ目的は、胎内記憶を多くの人に知ってもらうという事なんですけども、その一つの方法に、教える人が単純に二人になれば二倍、三人になれば三倍に広まるかなっていう発想なんですけども、

(質問)
講座はもう満席?

(池川先生)
ああそうなんです、第三講座までもう申込がいっぱいで、有難い事にスゴく興味を持って下さる方がいらっしゃるので、これはとても有難いですね、

その中からきっと実際に、まあ全員がなるとは思いませんけども、胎内記憶を一生懸命やっていきたいという方がいらっしゃれば、こちらも是非全力で応援したいなというふうに思ってます、

(質問)
講座はずっと続くんですか?

(池川先生)
一応その予定なんですけども、私と土橋(優子)さんが主に講師としてやるんですけども、私自身がちょっと忙しいっていうのもあって、多分、私自身が係わる講座は今年だけで、

来年以降は、今回参加して頂いた中から講師の人に、来年以降はやって頂こうかなという風には考えています、

(質問)
講師になった方は具体的には何をするんですか?

(池川先生)
胎内記憶の講座を開けるっていう事ですね、で、テキストなんかは私達が提供して、バージョンアップするのも提供していきます、という事を前提に広めていってくださいっていう事なんですね、

だから、そのあと自由に作り変えてもらっても良いですよ、っていう様な事にはしてるんですけども、

まだ教育協会、松前健兼一さんと(と土橋優子さんの)三人でやっていて、三人の合意がまだ十分に煮詰まっているところまでは行っていないので、

まあ希望としてはドンドン情報提供をしていって広めてほしいと、それで出来れば生活できる程度になるような講座になってもらえたら有難いな、と思いますけども、

まだそこまで行けるかどうかがね・・・、まあ希望としては一人の講師の人が独立して、それで生計を立てれる位になると良いなと思ってますけども、はい、

だから来年になるとかなり詳しい話をしますけど、今年はまだ触り程度なので、まあ一般的な事とそんなに大きくは外れないかなとは思いますが、

来年以降はかなり細かいところまでテキストを作ってますので、その内容に従ってやろうかなって思ってます、はい、