【池川明 チャンネル】

第77号 良いお産ってどんなお産?

《内 容》

(質問)
池川先生にとって、良いお産っていうのはどんなお産ですか?、っていうご質問なんですけど・・・、

(池川先生)
あ~、私にとって良いお産っていうのは、30になった時に・・・、子供さんがね、”じりつ”して・・・、じりつっていうのは、立つ自立と、律する自律があると思いますけど、あのまず母親、父親とか、家族から独立してる自立、立つ方ですね・・・、

それから自分を律して、自分らしく生きるという、律する自律・・・、この二つの自立(律)が整っていて、まあ30歳の時にですね・・・、それで自分らしく楽しく生きてる・・・、というのが出来ていれば、結果的に、どんなお産でも良いお産でしょ、っていう考えなんですけどもね・・・、はい、

(質問)
出産の時の様子ではなくて、成長したところまで見て・・・、

(池川先生)
そうですね、例えば出産の時に、まああの帝王切開になっちゃったとか、吸引分娩になっちゃったとかいうような方もいらっしゃいますけど、まあ、あのどんなお産であれそうなっていれば良いかな~、っていうことだと思うんですね・・・、

で、まあその時に障害を持ってしまったら悪いお産か?っていうと、障害を持っているっていうことを選んでくる子供さんもいらっしゃってですね・・、で、その場合、障害を持ちながら自立(律)してるということはあり得るんですね・・・、

う~ん、だからまあ、あの~、見かけという事ではなくて、ご本人の心の中の自由度とかいうものが、あの~非常に、自分で考えて行動出来るという・・・、

主体性を持っているものであれば、良いんじゃないかな、っていう風に思いますけど・・・、はい