【池川明 チャンネル】

第131号 池川流”妊活”はコレだ!

《内 容》

う~んまああの、妊活する人の心構えですよね、そういうのは知ってた方が良いですよねえ、

どういう風に・・・、

単に赤ちゃんが欲しいっていうんじゃなくて・・・、それは、子供を授かる意味とかね、っていう事まで考えた上で妊活やった方が良いかなとは思いますけど・・・、はい、

(質問)
どんな取り組みになりますか?

(池川先生)
取組みはやっぱり、子宮とか卵巣の説明とか、そういうところからですよね、どうやって妊娠するかとか、

そこに魂と肉体が一緒になって赤ちゃんになるので、普通の不妊治療だと魂は考えませんけど、魂を考えるということを入れて行かないと、上手く行かないっていう様な事例を説明することになると思いますけどね・・・、私がやるとしたらね、それ(魂・胎内記憶)を入れた妊活っていうことになると思いますけど、

(質問)
先生のところはいわゆる不妊治療っていうのは・・・?

(池川先生)
やってないですね、不妊治療は一切やってないですね、まあ検査くらいはしますけど、不妊治療は無いですね、

やっぱりねえ、卵子が成長していって・・・、殆ど不妊治療の人って排卵するところからのスタートなんですよ、あの~排卵する前に3ヶ月、卵巣の中で育っていく卵が出ていくんですね、

で、ここのところを抜きに語ってるんですよ、だからもう既に3ヶ月経って傷ついた卵が出てきてるかもしれない・・・、

で傷つけるのは何かっていうとお母さんのストレス、不安、恐怖、怒り、こういったものが傷つける訳ですよ、

で、それを取らずに一生懸命に妊活をやったってそれは無理じゃないの?、っていうのが私の意見ですけどね・・・、う~ん、

だから、子供を作るってのはどういう事かっていうところから始めないと、みんな子供を作ることだけに特化して・・、あの物理的な赤ちゃんを作るだけなんですよ、考えてるのは、

それは妊活にならないんじゃないですか?ってのが、私の意見なんですけどね、

(質問)
心も健やかでないと・・・

(池川先生)
うん、心とか、何故子供を迎えなきゃいけないのかとか、そういう心構えとか、親子関係、夫婦関係、それはスゴい影響してきますよね、う~ん、

そこまで見たうえで子供に来てほしいってのは解かるけど、単にそれを全部何も無しで、まあみんな心に闇を抱えてますから、

その中で、子供だけ来てどうすんですか?っていうね・・・、いうのもあるかも知れませんね、

だから妊活って結構、人生・・・、その生まれて来た赤ちゃんの人生をどうするかって話なので・・・、そこまで考えて妊活してる人はいないですよ、殆ど・・・、

子供が欲しいだけなんですよね、自分の人生をどうすんだ?って、自分の事を考えてて、子供のことは考えてないですから、う~ん、

そりゃ妊活っていっても、ちょっとスゴい、あの~一面的な、ホントに一面的なとこしか見てないんじゃないですか?、っていう様な気はしますよね・・・、