【サアラチャンネル】

『進化の鍵を握る 秘められた地球人類の可能性』

 

第1講座3回 ヒューマノイドの特徴、実は好奇心が乏しかった?

《内容(ダイジェスト)》

 

(サアラさん)

・・・でその、夢の中での意識活動によって、

 

・・実は、人類は生まれた・・・、

 

 

・・・勿論、皆さんにとって、この時生まれた人類は、先祖です、

 

・・だから他人事と思わずに、聞いていて頂きたいなあと・・・、

 

 

・・・穏やかっていう事もそうだけど、のほほ~んとした感じ、

 

・・所有欲は無いし、執着も無いし、

 

・・人にはあまり興味が無い、

 

・・向上心に欠けてしまう、

 

 

・・・それから、好奇心が乏しい、

 

・・簡単に諦めてします、

 

・・つまり、起きて覚醒時に、彼らが意図して作った訳ではなくて、

 

・・潜在意識の中にある彼らの共通する願望が創ったものなんです、

 

 

・・・で、その結果、実は、画期的な事が起きました、

 

・・その一つは、非常に強く反発しあっていたドラコニアン達と、

 

・・それから四つ足の中でも、最も古いと言われているオオカミの種族達、

 

・・その二つの種族が、ごく自然な形で和合していった、

 

 

・・・せっかく仲良くしようと思って挨拶したのに何だよ、無視すんなよ、

 

・・って傷つくと若者はどうなりますかね?って、すぐ怒るんですよ、

 

・・で、怒るとね、始末に負えないのがドラコニアンなんですねえ・・・、

 

 

・・・それで驚いたのが、このドラコニアンの長老と、

 

・・そして、このシリウスの祖先であるオオカミ族の長老達なんです、

 

 

・・・何とかして助けなければならない、という事になって、

 

・・この、初めて、二つの種族が連携プレーで、

 

・・人類達を追いかけてですね、保護するという事をしたんです・・・、

 

 

(ダイジェスト おわり)