《内容(ダイジェスト)》

・・・あの、アストラル界などで、

・・アストラルボディと呼ばれている、そういった肉体


・・・ここにはアストラルの現実というものがありますし、

・・そこにはたくさんのモノが存在していますし、

・・そして、たくさんの人がいます


・・・その世界は非常にキレイです

・・風景的に言うと、近代的な楽園みたいな感じでしょうか


・・・一番大きいのは、おそらく研修センターと呼ばれているような

・・アカシックレコード、

・・こういった情報とアクセスする手段がこの図書館にはあるんですね


・・・アストラルボディが回復した後に必ず行くリハビリセンター


・・・安全に営んだり、

・・あるいは楽しんだりするためのレクリエーションセンター


・・・だから、

・・レクリエーションの施設の中に食べる施設というのがあるんですね

・・その道のプロフェッショナルの人が、

・・いってみれば実現化みたいな事をしてくれるので、

・・すぐにできあがります


・・・お金(という存在)がないので、

・・お金のために、

・・お金を得るために就労する

・・という意味での就労制度というものは全くありません


・・・生活そのものにストレスがないんですね

・・そうするとみんな、

・・自分の持っている愛情とか豊かな心とかを

・・シェアしたいってすごく思うんです


・・・それから、

・・人とかかわることによって得られる沢山の知識とか、

・・気付きとかがあります


・・・ストレスがないと人間は、

・・元々も持っている健全な好奇心というのが凄く働くんですね

(ダイジェスト おわり)