【飛谷ユミ子 チャンネル】

第91号 【イメトレ】90歳の自分に電話してみました!

(飛谷先生)
ある方に、40年その・・、色んな角度から人の運命を観てる男性を知ってらしてて、で、私の友人にね、飛谷先生ってこういう先生が・・・・、

ちょっと疲れてるみたい、とか言って・・・、で観て頂いたら、いや、この人80半ばで亡くなる・・・、とか言ってね、私の耳に入って・・・、

いや、それは困るって言ったんですね、いくら計算しても80半ばでは仕事が終わらないから、もうちょっと延ばしてくれないと困る・・・、っていう話をしてた、半分冗談でね・・・、

である時にイメージで、まあ、神様という人なんでしょうか、90歳まで延長してくれる・・・、ああじゃや、その90歳までということをまた考えて・・・、

私、いつもイメージトレーニングの・・・、イメトレの話をよく作るんで、何かないかな~と思った時に、

そうだ!時空を超えて、90歳の自分に電話かければ良いと思ってね、イメージの中で電話を用意して、90歳の自分に電話を架けたら、出て来たんです、

で、スゴい元気だったんですよね、まあ、ちょっと年を取ってましたけど・・・、私こんなに元気よ、足も元気であなたが体操してくれたから、元気になってピンピンしてるみたいなこと言ってて・・・、

ああ、これはイタダキと思ったんですね・・・、

で、皆さんにその事をお話しすると、じゃああの、池川先生も、患者さんに言うって・・・、じゃあ10年後のあなたにちょっと電話してごらん、元気になってたら良いでしょう、っていう感じで・・・、これは使わせてもらうとか、

で、セミナーでも使ってるんですね、で、今、あの、まあ、速い速度、速いスピードで世の中が動いてるとなると、私の動きも今は速い・・・、速くやらないと間に合わないんですよね、毎日毎日忙しくて・・・、

このスピードに乗った生き方みたいなね・・・、あった生き方のイメトレの教材というかねえ・・、資料というか、になる様なものが、イッパイ私の頭の中から出てくるんですね・・・、

でその、電話もそうですし、そして今もう一つは、曼荼羅、自分の曼荼羅・・・、心とタイアップした曼荼羅を・・・、イメージの中で出てきて、それに色が光って、そしてその曼荼羅に自分を包んじゃうとかね、それはセミナーでも入れてるんですけど・・・、

速いスピードでやってると、直感・閃きも多くなる訳ですね、っていうのは理屈理論で・・・、右脳はスピードの脳ですから・・、ゆったりとしているよりも、速いスピードで動いている中で、新しいものが生まれてくる、と・・・、

その新しいものは、次の時代に生かされるようなものではないかなあ、って私は感じて、リズムとテンポで頑張ってるんですけど・・・・