【飛谷ユミ子 チャンネル】

第32号 波動速読で、日本の歴史を学んだら・・・

《内 容》

・・・超高速のCD、例えば、”日本の歴史”という1枚もののCDがある訳ですね・・・、で、子供達の暗示に、”これ1枚のCDがあなた達の頭の中に入ってしまいます”って、言うわけですねえ・・、

そうしてそれをCDを、高速のCDをかけてると、子供達はそれだけでも、耳で聞きながら、映像が出てくる・・・、イメージが出てくる・・・、だから、目で見て、耳で聞いてるわけですね・・・、

それと同時に、もっとそれを鮮明にするには、耳で聞きながら、白紙の本をパラパラすると、白紙の本にそのCDで聞いてる内容が、イメージで出てくる・・・、映像と耳で出来る・・・、

で、もちろん耳で聞いた後、日本の歴史のマンガの本でも何でも、日本の歴史の内容の本を、縄文時代から現代までを、十何冊、あると思うんですけど・・・、それをパラパラパラパラ、やってくわけですねえ・・・、

そうすると、子供達はそこで、CDの歌を覚えちゃうし、映像が出て、簡単にその、日本の歴史が頭に入ってくる・・・、頭に入ってくだけじゃなくて、その真意、深い心情的なものも入ってくわけですねえ・・・、

で、その後、何を言うかっていうと、”僕は何時代が好き”とかね、あるいは”あの人の生き方をもうちょっと勉強したい”、とか・・・、”歴史が好き”、となってくるわけですねえ・・・、

そこまで、その、左脳で学習した時には、理屈理論とかいうところで終わりかも知れないんですが、波動速読を使った、超高速、右脳も使った学習方法だと、そこまで、神髄まで、え~、感じる、感性まで伴って・・・、

これはね、私、とても・・・、非常に大切な学習方法と・・・、今後もこれから大切にしていきたいな、と思ってるんですね・・・、